トライアルバイク取り扱い

自転車トライアルとは?

自転車トライアルとは、決められたセクション内を制限時間内にできるだけ足をつかずに走破する競技です。
また、競技から派生する形で、競技ルールにはとらわれずにトライアルのテクニックを使って街中のオブジェや、スケートパークで自由に乗るストリートトライアルと呼ばれるジャンルがあります。

トライアル車の特徴

トライアルの20インチのホイール径は前後異径

タイヤサイズは主に3サイズがあり、26インチ、24インチ、20インチがあります。中でも20インチは特殊で、フロントホイールはBMXなどと同じ20インチでリアは19インチの前後異径となっています。

サイドウォールが薄く軽いタイヤが多い

スピードゼロの止まった状態から、一気に飛ぶ様な動きが多くあるトライアルでは、軽いことがアドバンテージがあります。そのためタイヤもマウンテンバイクなどのタイヤと比べてサイドウォールが薄いです。また、薄さだけではなく内部の空気が潰れたときの反発を利用してアクションするために、強い反発が得られる工夫がされているタイヤが多いです。

BBの位置が高い

障害物にクランク周りが干渉しない様にするためなどの理由で、BB(ボトムブラケット)の位置が高い自転車が多いです。

長いステムでスペースを確保

ステム(フレームとハンドルを繋ぐパーツ)が長く、乗車中に体を大きく動かせる様になっています。

強力なブレーキが必要

しっかり止まることが要求されるトライアルではブレーキはとても重要です。よく使われるのは油圧リムブレーキと、油圧ディスクブレーキです。油圧リムブレーキは26インチで使われることが多く、油圧ディスクブレーキは20インチで使われることが多いです。

トライアル自転車の選び方の基本

大前提として言えるのはトライアル用・ストリートトライアル用、もっと言うとMTB、BMXでもトライアルは楽しめます。なので見た目が気に入った自転車を選び、お気に入りの自転車でトライアルを初めるのが良いです。やりたいことが見えてきてから乗り換えや、増車でも良いと思います。

トライアルはスペースがほとんど必要ないため自宅の空いたスペースで練習ができます、また短時間で遊べますので忙しい休みの合間に!!など少しの時間でとレニングや気分転換ができます。

お子様と一緒に始められ、他の競技より安全でロードバイクやMTBなどの基本が身に付きますよ!!

ご興味を持たれた方は一度ご来店いただければ幸いです!!

店長もこれから始めようと思っています!!始めませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です